本文へリンク

専用のアプリケーションソフトを作成し、ラベルフォーマットはLabel Studio.NETを利用して作成したいのですが、方法を教えてください。

Label Studio.NETは、WindowsのOLE通信(OLEオートメーション)に対応しています。VB(Visual Basic)やVBA(Visual Basic for Applications)をサポートするプログラミング言語やVB Script(Internet Explorer)からOLE通信で、簡単にラベル発行ができます。

プログラムの基本的な流れ

  1. オブジェクトの作成(CreateObject関数)を行います。
  2. Label Studio.NETで作成されたフォーマットファイルを選択します(File Nameメソッド)。
  3. 変数名が入力されているパーツがある場合、変数名とそれに対する印字データを設定します。(Print Data メソッド)。
  4. Start メソッドに印刷枚数を指定し、ラベル発行を開始させます。
  5. オブジェクトを開放します(オブジェクト変数にNothingを設定)。

詳細は、Label Studio.NETのヘルプを参照してください。 サンプルプログラムはLabel Studio.NETをインストールしたフォルダの下のSamplesフォルダに収録されています。

本製品のお問合せ・サンプルのご依頼

TFOX(ティーフォックス)工業材テクニカルサポートセンター

受付時間:9:00~17:30(土・日・祝祭日・年末年始・夏季休暇・弊社休業日を除く)

ページトップへ戻る