本文へリンク

専用のアプリケーションソフトを作成し、ラベルフォーマットはLabel Studioを利用して作成したいのですが、方法を教えてください。

Label Studioは、WindowsのOLE通信(OLEオートメーション)に対応しています。VB(Visual Basic)やVBA(Visual Basic for Applications)をサポートするプログラミング言語やVB Script(Internet Explorer)からOLE通信で、簡単にラベル発行ができます。

プログラムの基本的な流れは以下の通りです。

  1. オブジェクトの生成(CreateObject関数)を行います。
  2. Label Studioで作成されたフォーマットファイルを選択します(File Name メソッド)。
  3. 変数名が入力されているパーツがある場合、変数名とそれに対する印字データを設定します。(Print Data メソッド)。
  4. Start メソッドに印刷枚数を指定し、ラベル発行を開始させます。
  5. オブジェクトを開放します(オブジェクト変数にNothingを設定)。

詳細は、Label Studioのヘルプを参照してください。
サンプルプログラムはLabel Studioをインストールしたフォルダの下のSamplesフォルダに収録されています。

本製品のお問合せ・サンプルのご依頼

TFOX(ティーフォックス)工業材テクニカルサポートセンター

受付時間:9:00~17:30(土・日・祝祭日・年末年始・夏季休暇・弊社休業日を除く)

ページトップへ戻る