本文へリンク

CLOSE

DURA Rhythm の主な変更履歴

Ver.5.8SからVer.5.8X (2011.9.1)

  • バーコードの印字において、連番機能のバグを修正
  • 多丁取りラベルへ特定条件のフォーマットから連番印字を行う際、印字がうまくされないことの修正

Ver.5.8MからVer.5.8S (2009.12.11)

  • デュラフォントが正しく読取りできない場合がある問題を修正
  • 細かなバグ修正

Ver.5.8FからVer 5.8M (2008.12.01)

  • OLEにプレビュー機能を追加
  • 細かなバグ修正
  • リンク連番で多丁取りを行った場合にリンク連番の桁が多く繰り上がってしまう場合がある問題を修正
  • リンク連番でデータを何度かに分けて送る場合にエラーになるとエラーを何度も繰り返す問題を修正
  • パーツ登録数の上限を100から300に変更
  • 印刷画面終了時にファイルの保存を行う機能を追加
  • 細かなバグ修正

Ver.5.8CからVer.5.8E(2007.06.20)

  • パーツ登録数の上限を100から300に変更
  • 印刷画面終了時にファイルの保存を行う機能を追加
  • 細かなバグ修正

Ver.5.7FからVer.5.8C(2006.09.05)

  • パーツ印字しない時のパーツの色を選択できる機能を追加
  • 新規に2つのチェックデジット追加
  • 細かなバグ修正

Ver.5.7CからVer.5.7F(2005.06.15)

  • 文字パーツに日付、時刻設定追加
  • SR、SRSでRSSバーコード対応機種追加
  • 細かなバグ修正

Ver.5.7からVer.5.7C(2005.02.28)

  • SRで、バーコード連番時に一部バーコードが重なる不具合を修正

Ver.5.6からVer.5.7(2004.12.17)

  • IP6500対応
  • パーツ変更不可機能追加、またパスワード保護機能を追加

Ver.5.5BからVer.5.6(2004.06.10)

  • OLEで連番する・しないを切り替えられる機能を追加
  • 画像の回転や縮小を、元の画像ファイルがなくても実現できる機能を追加
  • TCP/IPでOLE印刷を行おうとするとポートが開けなくなる場合がある問題を修正
  • 画像の回転方向を選択できる機能を追加
  • COMポートの更新ボタン追加
  • TCP/IPの設定内容の変更機能の追加
  • OLEで連番方法、スキップ文字列の取得機能を追加
  • 罫線パーツも印字しない機能を追加
  • TrueType、ロゴ、外字フォントのメモリカードに書き込むファイルを保存機能追加
  • OLEでNum_StartFig、Num_Length、Num_Identical、Num_Addvalを追加
  • メモリカード一括ダウンロードを追加
  • シフトを押しながら線を引くとまっすぐに引ける機能を追加

Ver 5.5からVer 5.5B(2003.03.18)

  • EANアシスト機能追加
  • 文字とTrueTypeの複数行対応
  • 文字拡大率自動モード追加
  • 文字の均等割付機能追加
  • OLEで連番のリセット値、最大値を設定できる機能を追加
  • OLEで2次元コードの種類を判別できる機能を追加

Ver 5.2から Ver 5.5(2003.01.15)

  • 中国語表示に対応
  • リンク連番機能を追加
  • 連番のリセット値、最大値機能を追加
  • カスタム連番機能を追加
  • 文字の左寄せ、右寄せ機能を追加
  • Code128、EAN128のAUTOMODEを追加/li>
  • CommPortの使用可能数を1から16までに変更
  • 多丁取りに対応

Ver 5.2(2001.12.6)

  • QRコードの連結モードに対応
  • バージョンアップ対応