本文へリンク

コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方

当社グループは、事業遂行における基本的価値観および目的意識を「経営理念」として確立しております。そして、「経営理念」とともに、これをベースに具体的な行動を示したガイドライン(「グループビジネス行動ガイドライン」)を策定するとともに、役職員にこれを周知徹底しております。

このような「経営理念」のもと、企業価値を最大化させ永続的に発展していくためには、果敢な経営判断とともに、意思決定の迅速性や透明性が必要と考えております。そのためには、コーポレートガバナンスの確立が極めて重要な課題であると捉え、コーポレートガバナンス体制の実効性確保だけでなく、次の基本原則に沿って、体制のより一層の充実化を図ってまいります。

  1. 株主の権利・平等性を確保します。
  2. ステークホルダーと適切に協働します。
  3. 適切な情報開示を実施し、透明性を確保します。
  4. ステークホルダーから期待された経営機能の実現を目指します。
  5. 株主との建設的な対話を行います。

さらに、公正かつ透明性のある経営のために、各専門分野ごとに基本方針を定めて、それに従ったガバナンスを行っています。

企業情報に関するお問い合わせ

  • TEL06-7632-2101

受付時間 9:00-17:30
(土・日・祝祭日・年末年始・盆休みを除く)

ページトップへ戻る