本文へリンク

製品に含有される化学物質の管理

世界的な環境問題への関心の高まりとともに、お客様からの製品に含有する化学物質の安全性に関連する問合せが急増しています。お問い合わせの多くは製品中にお客様が使用を禁止している化学物質や各国の規制物質が含有していないかというものです。私たちは、調達部門を通じて原材料を供給いただいているパートナー様と協力し、国内外全ての原材料の管理を行っています。

調達部門の取組み

私たちは、「オープン・フェア・ベスト」の精神に基づき、グローバルな視点からの調達活動を目指しています。パートナー様にCSR調達・グリーン調達という当社の方針にご協力いただき、原材料の管理を行っています。

ITシステムを活用した化学物質情報の管理(NCM)

Nittoグループの様々な化学物質管理活動を円滑に進めるツールとして、2008年12月から「Nittoグループ化学物質管理データベース(NCM)(※)」を運用しています。

NCMは、法規制、原材料、製品組成の三つのデータベースから構成されています。現在では、NCMが持つ法規制情報は95カ国を網羅しており、Nittoグループがビジネス活動を行うすべてのエリアに対応しています。それぞれのデータベースが機能的にリンクすることで、必要な時に関係する製品の化学物質情報を迅速に提供できる仕組みです。
これにより、例えばある国で新たな化学物質が規制対象に加わった場合、NCMを用いてその化学物質を含有する原材料と更にその原材料を使用した製品を特定することが可能です。
近年はアジアの新興国でも様々な化学物質法規制や危険性表示ラベルの仕組みが開始しています。最新の情報を収集し、NCMに反映させて化学物質管理を行っていきます。

  • ※NCM:Nitto Group Chemical Substance Management Database
ITシステムを活用した化学物質情報の管理(NCM)

企業情報に関するお問い合わせ

  • TEL06-7632-2101

受付時間 9:00-17:30
(土・日・祝祭日・年末年始・盆休みを除く)

ページトップへ戻る